« 髪の毛が多いと、、。 | メイン | 招待を待っている? »

フィラデルフィア

田前る・ワシントンと富む・ハンクスが出てる映画「フィラデルフィア」を見ました。
弁護士のトムがエイズにかあkり、それを理由に不当に解雇さらたって話です。
見た人います?
昔の映画で、トム・ハンクスもとっても若いです。

トム扮するエイズ患者は、弁護士ですからね、自分の裁判を起こすんです。
でももともとは誰かに弁護してほしいって頼むのですが、だれからも拒否されてしまうのだ。

自分で弁護しようと思ってた矢先に、デンゼル・ワシントンが「僕が引き受けるよ」と。

これ、じっさいに怒った話らしいのですが、本人に許可をとらずに撮影・放映したのであとで訴えられたとかって聞きました。
映画が繁盛したからそんなことを言い出した人がいるのだ、とも言われていますが、詳しい事は私は知りません。

さてそんあ映画ですが、最後、トムが、オペラを聞きながら涙して歌うところは感動します。
さすがトムですねー。
デンゼル・ワシントンも追いつかない感じの演技力です。
あそこ、気持ち悪いけど好きだなー。

最後は、裁判は勝ってやれやれ、、なんですけどね。
セリフも憎い、、最後、
「I'm ready」って死んでいくんです。
日本語字幕では「これで死ねる」だたtらしい。
どちらも良い感じだ。
裁判に買って、自分は無能な弁護士ではないって証明が出来た。
エイズになったからって不当に解雇は出来ないのだって世間を納得させた。
触っただけではエイズは映らない、、それも分かった。
いーい映画です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.uksflorists.com/mt3/mt-tb.cgi/77

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年05月01日 19:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「髪の毛が多いと、、。」です。

次の投稿は「招待を待っている?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38